ブラックフォーマルの靴の選び方

メアリーココのトップページ > フォーマル装いの基本講座 > ブラックフォーマルの靴の選び方



写真

ブラックフォーマルの靴の選び方

ブラックフォーマルの足元にも女性ならではの気配りや配慮が表れます。
足元にも気を配り、故人を偲びたいものですね。
厳粛な気持ちでお見送りするために、靴選びのポイントをいくつか
ご紹介致します。


POINT

靴は装飾のないシンプルな黒のパンプスを選ぶようにしましょう。
素材は、殺生を連想させる革製のものは避け、布製がブラックフォーマルにはベストです。

ただ、実際には時代とともに見出しなみも略式化されてきて、革製のパンプスも履かれております。
突然のことで、革のパンプスしか用意が無い。といった場合も多々あるかと思います。

そんな時にも、本来は布製がベターであることを知っているのと知らないのでは、弔問の際に心のあり方や
所作への配慮も違うはずです。



POINT

ヒールは安定感のあるミドルヒールをおススメします。安定感のあるミドルヒールでしたら、厳粛な場でも
ヒール音を抑え安心して履けるかと思います。ヒールが細く高すぎるピンヒールは避けましょう。
ご焼香に進む際などに、ヒールの音がカツッ、カツッ、・・・・と式場内に響くのはご遺族は勿論、
参列者にとっても不快音です。式場の床は大理石やフローリングのところが多いのでヒール音が響かないよう
気を配りましょう。

POINT

撥水加工がされてる靴でしたら、急な雨にも安心です。



写真


これからの暑い季節であっても、つま先が出たおしゃれパンプスや
ミュール、バックストラップのサンダルは避けましょう。
つま先を隠すのがフォーマルの基本マナーですので、
しっかり覚えておきましょう。

ストッキングは肌色より黒を選択しましょう。

肌を隠すという意味から、正喪服、準喪服を着るシーンでは黒のストッキングをおススメします。
いずれの場合もカジュアルな印象になる厚手のタイツや華やかな印象になる柄入りストッキングは避けましょう。

いざという時、慌てないよう、小物類も合わせて普段から用意しておくように心掛けましょう。





商品一覧

該当商品はありません

ご注文からお届けまでの流れ