【お受験】 お子様の服装に関して

メアリーココのトップページ > 濃紺カラースーツ -お受験に- > 【お受験】 お子様の服装に関して

子供の服装


   お子様用のお洋服

写真


お受験服は受験する学校の雰囲気に合わせて選ぶのがポイントです。

毎年、秋に行われる小学校・幼稚園のお受験。学校によって面接日がまだ
汗ばむ季節から 年末まで様々なので、子供の成長も考慮しながら少なくても2着はお受験服を準備しておいたほうが良いかもしれません。





 女の子の場合


ブラウスに紺やグレーのジャンパースカート+そして白いソックスが基本。

 男の子の場合


小学校受験の基本スタイルは、白の半袖ポロシャツ+紺かグレーの半ズボン+ベスト+白いソックスです。



選ぶ時のポイントは、「爽やか」「清潔感のある」など色々ありますが、お子さんが
可愛らしく見える似合うものを合わせてあげるのが一番で、特にこだわる必要はないと思います。

また、汚してしまったりのアクシデントにそなえて、もう一組予備の服がをお持ちになるのがベターです










   お受験をするお子様のマナー



毎年秋に行われる小学校・幼稚園のお受験。
お受験の時に着用する服の準備、実は春から始まっています。

受験する学校の雰囲気に合わせて選ぶのがポイントです。

必要なものは、受験する学校から案内がありますので、案内がきたら、早めに用意して実際の面接までに慣れておく、
というのが主流です。受験に関しては学校訪問から始まり、面接までという段階があります。
そこで、ここでは、お子様の服装に関して少しご紹介させて頂きます。

まず、お子様のお洋服を選ぶ時のポイントは「爽やか」「清潔感のある」「上品」「知的」など、色々ありますが、
どこも共通しているのが「清楚でありかつ華美すぎない服装」が基本になるようです。

後は、子供が一番似合うお洋服を選ぶ事が最も大事です。
色や形については、学校訪問時は、学校側からの指定はない事が多いようですが、ジーンズなどのカジュアルなお洋服は不向きです。
夏のお出かけ服の様な雰囲気で、子供がきちんと見える服を選ぶのが望ましいでしょう。


お受験服で気をつけるポイント
お子様のお受験服を選ぶ時のポイントとして、お受験服の着替えがしやすいということも大切なポイントです。

面接で着替えをするという試験科目を取り入れている学校もあるからです。
見た目は、凝ったデザインでもお子様が着替えにくい服装だと、せっかくの面接も台無しになる場合もあります。
お子様が着替えやすいとい服。という点はとても大切なポイントです。

また、お受験服は子供とパパ・ママ、3人の色やデザインがバラバラよりも、3人で揃えて、つながり感を出すと良いかもしれません。
同じペアルックでは少し不自然ですが、ネクタイやリボンなどの小物等で共通点を作るなど工夫してみてはいかがでしょう。

























   お子様用の靴下



お受験には、シンプルで履き心地の良い靴下を選びましょう。
最近は、紺のソックスも流行っているようです。

制服本来のフォーマルな形は、白のソックスです。
ただ白は汚れが目立ちますので、面接本番時、雨や台風の時もあります。
小学校によっては、行動考査の際に 外廊下を通って移動するときもあるでしょう。
万が一に備えて、予備を2枚持っていたいものです。

そういう心配を考えれば、最初から紺などの靴下は便利ですよね。
多少汚れても何度も使えます。
周囲が紺ならそれでもいいかと思います。
また、学校によって傾向も違うので、心配になるようでしたら、本番では紺と白を2枚持って周囲にあわせて履き替えられてはいかがでしょう。

臨機応変でいいと思います。
履いてる途中に、ずり落ちてしまうソックスは見苦しくやめた方が良いかと思いますので、
本番前に一度試し履きし、チェックしましょう。



   お子様用インナー



お受験時の服装選びの時は、お子様のインナーも合わせて用意しましょう。
インナーもキャラクターが付いてたり、柄物のインナーは避けましょう。
室内では上着を脱ぐ事も、あるかもしれません。

上着を脱いだとき、ブラウスにインナーの柄が透けたりしたら、せっかくのお受験の服が台無しになる事も・・。
また、なかには、面接で着替えをするという試験科目を取り入れている学校もあるからです。
何があっても安心できる、インナーは白を選びましょう。
また、面接日には、不測の事態もありうるので、慌てる事の無い様に、必ず予備も用意しておきましょう。

もし何かあっても、予備があれば、お子様も安心して、面接に望むことができます。

お子様が不安にならない様、しっかりした準備・心構えが必要です。
学校によって面接日がまだ汗ばむ季節から年末まで様々なので、子供の成長も考慮しながら準備しておいたほうがいいですね



   お子様用レッスンバック



お受験するにあたり、色々なグッズが必要になりますが、その1つのレッスンバック(絵本バック)について少しお話させて頂きます。
お子様もママも洋服に合わせて上品な清楚なバックで揃えたいですよね。

お子様のレッスンバックは、しっかりとした厚手の丈夫な生地を選びましょう。
お受験では、手作りバックか市販のバックかオーダーに分かれるかと思います。
どちらでもかまいませんが、お母様の愛情たっぷりの手作りバックは子供も喜びますし、素敵な思い出にもなりますよね。

子供のレッスンバッグはB4サイズが入る大きさで、マチは5〜6センチ、ハンカチ入れの内ポケットも忘れずにつけましょう。


 準備するもの


・布
・ミシン
・はさみ、定規 など

布は表地、裏地、切り替え布と3種類準備します。
キャンバスやオックス、デニムなど、少し張りのある布地が、丈夫で扱いやすいと思います。
また時間はかかりますが、手縫いでも出来ます。
その場合は生地が厚すぎたり、布目が詰まり過ぎていると針が通りにくく、縫いづらいです。

上履き入れを作る場合は、サイズに気をつけて、シューズが出し入れしやすいように作りましょう。

もちろん、手作りバックを持っていたら、合格しやすいという事はありませんが、面接の先生に好印象を与えるは
出来ると思います。


 お子様用 上履き・運動靴



面接に向かう際は、黒の靴がよいでしょう。
ひも靴・チャック・マジックテープ・スリッポンタイプ…お子様の扱い慣れた物をお選び下さい。
上履きは、履きやすく脱げにくく、白い物をお選び下さい。バレーシューズは避けましょう。

お名前は、内側に記入しましょう。

外履き用の靴は学校への行き帰りだけで、試験会場では上履きで考査を受けますので、意外と上履き選びは重要です。

お洋服とあわせて、上履きや運動靴も揃えておきましょう。
模試や考査の際には、簡単な運動をさせることが多く、足にぴったりな上履きを探してあげたいものです。
靴は、事前に購入し「着脱に慣れる・履き慣れる」がベターかと思います。
子供の足にぴったりと合うように、ふつう幅・ワイド幅と選べる、マジックテープタイプの上履。

体育テストの時に、脱げにくい・履き易いという理由で選びたい品です。


   お子様用 フォーマルシューズ



お子様のシューズは素材が柔らかい、合皮でもよいかと思います。

靴が合わないというのは、お子様にとってとても苦痛であり、面接前に機嫌が悪くなることも・・・。

必ず、靴慣らしをしておきましょう。

足に優しいサイズのあったものを選びマジックテープの 部分使いのものも脱ぎ履きが一人でしやすいのでいいと思います。
高価なものでなくていいと思います。

清潔に、キチンとお手入れしてあることが大切です。



   お子様用 巾着袋



お受験するにあたり、色々なグッズが必要になりますが、その1つの巾着袋について少しお話させて頂きます。

お子様の巾着袋は、レッスンバック同様、しっかりとした厚手の丈夫な生地を選びましょう。
レッスンバックと同じデザインの生地を選ぶと統一感もでて良いでしょう。

巾着袋は、幼稚園や小学校へ入学した後もお弁当を持って行く時や体操服を入れたりと、活躍する袋です。
お受験では、手作りバックか市販のバックかオーダーに分かれるかと思います。

どちらでもかまいませんが、お母様の愛情たっぷりの手作りバックは子供も喜びますし、素敵な思い出にもなりますよね。


   お子様用 付けポケット



お受験用の服を購入したけど、ポケットが小さく、ハンカチやティッシュなどが、入らない、また、出し入れがしづらい。
とい様な時に活躍するのが、お子様用付けポケットです。

あまり目立たない生地(紺や黒)を選び、お受験の服と統一感があるものを選びましょう。

最近ではお洋服に簡単に取り付けられる、付けポケットもあるので、お子様のお受験服が決まりましたら、ポケットなども確認し
もしポケットが無かったり小さかったりする場合は、余裕も持って準備しておきましょう。

付けポケットの準備ができたら、お子様と一緒に一度、ハンカチやティッシュなどの出し入れの確認をしておきましょう。


   お子様用 ミニタオル



ミニタオルは、手を拭いたり汗を拭いたりと、お受験準備には必要なセットになります。
今は、小さなポケットにも入る手のひらサイズのミニタイルもありますので、お子様が使い易いサイズを用意しておくと良いでしょう。

ミニタオルと合わせてティッシュケースも準備しましょう。
ミニタオルは白い無地の生地にワンポイントロゴ入りが人気の様です。

ティッシュケースも無地のタイプを選び、統一感を考えて選ぶと良いかと思います。
無地のティッシュケースは、あまり多く販売されてないようなので、購入される方は早めに準備しておきましょう。


   お子様用 ハンカチ



ほとんどの幼稚園・小学校の受験時間は「午前のみ」とか「午後の数時間」など半日程度で終了するケースが多いので使用する頻度は少なくなるかもしれませんが、それでも決して甘くみてはいけないのが、ハンカチとティッシュです。

ほとんどの学校で必要な品です。

しかし、日常の生活の中で、ハンカチを子供が持ち歩いて自分で拭くという様な動作は、あまり無いですよね。

お手洗いに行ったときのハンカチの使い方、終わったときのたたみ方はどうでしょう。
子どもはいつもやっているようにしかできません。
なので、ポッケの中にいれることをちゃんと教えて、手を洗った後に使用するよう練習することも必要かもしれません。

手洗いの際に子供は急いでしまいがちですが、普段から丁寧に洗って拭くところまでを指導しましょう。

手洗いを正確に行い、洗面台を綺麗に使い、ハンカチを使って手を拭いて、それをしまうところまで落ち着いて出来ようにしていると、安心です。

日頃の行いが考査で表れてしまうことから、受験は親の試験だと言われることもあります。
普段の生活において、注意すべきポイントを抑えて生活するように心掛けましょう。


   お子様ハンカチセット



お受験にはハンカチとティッシュは必須です。
試験の途中で必要となることも多いので、前日から洋服に入れておきましょう。
着替えのある学校は、体操着と当日着ていく服の両方に入れておくと安心です。

お受験のハンカチとティッシュの注意ポイントとは?
ほとんどの私立小学校の受験時間は「午前のみ」とか「午後の数時間」など半日程度で終了するケースが多いので使用する頻度は少なくなるかもしれませんが、それでも決して甘くみてはいけないのが、ハンカチとティッシュです。

【ポケットのないお洋服に】

外側にティッシュケースがついており、ポケット部分にハンカチを入れていただけますので、ポケットの中で一緒になることがなく、小さなお子様も扱いやすい商品です。

【ポケットのあるお洋服に】

四つ折りにして、小さなお子様のポケットに入りやすい小さいサイズをご希望の方が多いようです。

手を洗い正しくハンカチを使いましょう!

中には、手の洗い方をチェックする小学校も少なくないようです。
考査の中に制作を取り入れている学校や、おやつやお弁当を食べる学校では、その前後に手洗いをします。
手の洗い方をチェックすることで家庭でのしつけを見ているのです。
手洗いでチェックされるポイントとして、手の洗い方はもちろん、洗面台の使い方やハンカチの使い方のなどが挙げられます。

入学試験でもテスト中にトイレに行く事があるはずです。
その際に、手を洗い、ハンカチで拭き、ハンカチをポケットに入れる、といった動作が自然にできることが重要です。
いつも取り組んでいる事は自然にできます。
ポケットがどこにあるのか探していたり、ハンカチが左右どちらのポケットに入っているか探していたりする様子では、
習慣化されていないことが分かってしまいます。

学校は観察しますと言われていない事でも、基本的生活習慣としてテスト中に観察しています。
ポケット付きがどうのよりも、手洗いの『洗い方』を見られる事があるようです。

まず、ハンカチですが、日ごろカラフルなハンカチやタオルハンカチを愛用していても、面接の日には白いハンカチを
持参させましょう。

「ハンカチを持っていますか?出してください。」と指示されたり、持っているハンカチを折ったり、たたんだり、
何かを包んだりするように言われることもあるようです。
ハンカチはきちんとたたんでポケットにしまうことができるよう、練習しておきましょう。

さらに、ティッシュを持っているか尋ねられる事もあるようです。
お子さんが身につけていられるよう、子どもサイズの小さなポケットティッシュが市販されていますので、ポケットに入る
小さなものを用意しましょう。

小さなティッシュのサイズにあわせたティッシュケースもセット販売もあります


   お子様ハンカチセット(ハンド刺繍)



子供用のお受験ハンカチ、本当に小さくて、可愛らしいですね。
お受験にはハンカチとティッシュは必須です。

試験の途中で必要となることも多いので、前日から洋服に入れておきましょう。
着替えのある学校は、体操着と当日着ていく服の両方に入れておくと安心です。

綿素材に手刺繍のクラシカルなハンカチは、お受験のお子様のお持ち物には欠かせない存在です
さりげなくかわいらしい刺繍が入ったものをお持ちになるのが、定番となっておりますす
真っ白なハンカチなんて味気ない、と思われたら、簡単な刺繍を施してみてはいかがでしょうか?
手作りで刺繍を入れるお母様もいらっしゃるようです。
小さな花やお子さんの好きなもの、イニシャルなどを刺繍すれば、「ママが縫ってくれたものと一緒!」とお子さんの
気持ちの落ち着きにつながるかもしれません。

刺繍は難しい、時間がないというママには、刺繍入りのハンカチを扱っていたり、お子さんのイニシャルを刺繍してくれる
ところもあります。

【ポケットのないお洋服に】
外側にティッシュケースがついており、ポケット部分にハンカチを入れていただけますので、ポケットの中で一緒になることがなく、小さなお子様も扱いやすい商品です。

【ポケットのあるお洋服に】
四つ折りにして、小さなお子様のポケットに入りやすい小さいサイズをご希望の方が多いようです。


   お子様体操服



お受験する学校でも違うと思いますが、行動観察では鉄棒や縄跳び、マット運動など体を思い切り動かすことになるので、
体操服を用意するように言われていない場合、女児の服装は下着が見えないようにキュロットスカートにしてあげましょう。


 体操服



白い綿の体操シャツと紺色無地のパンツなどシンプルな体操服を  選びましょう。 
シャツは、クールネックでも襟付きでもOK。

体操着でお試験に臨む学校を受験される場合、一番のポイントはハンカチとティッシュが別々に入れられる両サイドポケット型のズボンがオススメです。
試験中に手を洗う動作に誘導されることがあり、ハンカチとティッシュが同じポケットに入っておりますと、
ぬれた手にティッシュが張り付いたり、肝心のハンカチを床に落としたりと失敗につながりやすいこともあるようです。

受験の面接では、運動テストが行われることもありますので、体操着に着替える場合には、着替えやすい服装であること、
着替えずに運動テストを行うケースでは、動きやすい服装であることが大切ですね。


   知育玩具

幼児や児童が知能的発達を促進する玩具、または幼児や児童の学習の助けになる玩具
子どもの好奇心旺盛なあそび心を刺激し、心と体のバランスのとれた成長を促すこと
を目的とした玩具のことを「知育玩具」と呼びます。
子どもは楽しいと感じている時にこそたくさんのことを学びます。

「おもしろい!」「もっとやってみたい!」と積極的に遊びに向き合う中で
新しい発見を 繰り返し、自然と学ぶことができるのが知育玩具です。




















  オススメの知育玩具ってどんなもの?


 積み木


シンプルなフォルムが子どもの無限の想像力を育てる積み木。素朴な木の感触を手や口で確かめながら、形の基本的な概念を自然と学ぶことができるので、 「はじめてのおもちゃ」に最適です。

 ままごとあそび


子どもは、お母さんやお父さんのまねっこが大好きです。ままごと遊びは、大人の仕草をよく見て生活習慣や文化を学んでいく大切な遊びであり、 また人とのコミュニケーションを覚える初めての機会でもあります。

 絵本


絵本は子供の成長にとても大切なものです。
お母さんがよい絵本を選んで、その絵本を大切にし、読み聞かせてあげることによって素晴らしい親子関係が築きあげられ、
そのうえ子供は頭の良い子になると言われています。

幼児教育★絵本の重要性★お受験対策にも!子育てに絵本は必須です!



【知育おもちゃの特徴その1】


教材ではないのに、学習ができるもの。それが知育おもちゃの特徴です。
学習といえば 集中・真面目・遊び心がないといった厳しいイメージが浮かびますよね。
教材という 言葉もどちらかと言えば堅苦しい言葉です。
しかしそれが知育おもちゃになると、 楽しい・面白いといった前向きなイメージ
を持てるのです。何より色遣いや手触りが
親しみやすいですし、DVDのような見て聞いて楽しむものもあります。
【知育おもちゃの特徴その2】

子供のおもちゃは、小さすぎると飲み込んでしまう恐れがあります。
また、力加減を知らない子供が振り回したり落としたりすることで、
破損して怪我をする可能性があります。 子供に怪我をしてほしい親など
存在しません。 親の願いは、子供がおもちゃでは楽しく遊んでくれることです。
その点知育おもちゃは各製造元が破損や欠損といったトラブルに対処すべく、
自社で安全の検証を重ねて作っており、 品質・安全性の面では心配がいりません。
安心して子供に遊ばせることができます。
いろいろな知育玩具があります。子供さんが興味を持つもので、楽しみながら学習できるといいですね。































商品一覧

該当商品はありません

ご注文からお届けまでの流れ